2013年の釣用品の国内需要

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

以下のデータは、一般社団法人 日本釣用品工業会2014年1月発刊「釣用品の国内需要動向調査報告書」からの引用です。

※報告書の概要および出荷規模データは、日本釣用品工業会でサンプルとしてPDFファイルが公開されています

※出荷ベースの金額は各メーカーからの回答に基づく推定値、小売ベースの金額は粗利や経費などを予測して上乗せした推定値だそうです。

 

このデータは、パブリックコメントへの意見投稿という目的を説明したうえで、日本釣用品工業会のご担当の方から引用についてご了承いただいておりますので、他のサイト、SNS、ブログ等へのデータの転載は禁止とさせていただきます。

小売ベースの値がところどころ抜けていますが、電話で問い合わせたときに抜かしてしまったようで…実際にパブコメで使えるとしたら個々の内訳ではなく釣用品全体の金額だと思うのですが、また確認しておきます。  追記しました(2015/1/8 16:52)

 

2013年の釣用品国内出荷規模および小売規模データ

釣り用品全体の出荷ベースの売上 1,200億円  小売ベースの売上 1,700億円

 

======  出荷規模     小売規模  (単位:億円)

釣竿           275.0        343.8

リール        229.6        306.1

釣針            79.4         122.1

釣糸            67.1           95.9

ウキ            13.5           27.0

釣服            52.2          74.5

バッグ類      20.1          33.5

ケース類      10.8          18.0

網製品           5.8           8.9

金属小物類    39.5         79.0   ※ロッドスタンドなど

履物             29.9         49.8

加工餌          40.3         57.6

生餌             67.9       135.8

疑似餌        177.7       296.2

ボート・カヌー       6.7         11.2

クーラー      29.5          45.4

釣関連用品    51.6         86.0   ※サングラス、DVD、雑誌、ナイフなど

 

日本釣用品工業会2014年1月発刊「釣用品の国内需要動向調査報告書」よりデータの引用終わり

公益財団法人日本生産性本部の2014レジャー白書によると、2013年の釣り参加人口は770万人、年間平均費用35,700円、釣具市場規模推計1,540億円(ピークは1997年の2,950億円)です。
 

釣具は兼用できるものが多くバス釣りのみのデータというのは抽出不可能なのですが、上記の数値を下地に、バス釣り関連を何割と仮説して使おうと思っています。

ほかにも関連するデータはあると思いますので引き続き探してみます。

情報提供にご協力をお願いいたします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。